秋篠宮殿下

小室圭さん緊急帰国で「会談」要請も、秋篠宮殿下から「面会拒絶」

文/編集部

破談か再延期か

先月11月30日に秋篠宮殿下は54歳のお誕生日を迎えられたが、同日、その日に先立って行われた記者会見の内容が発表された。昨年のお誕生日会見同様、眞子さまのご結婚問題に関するご発言が注目を集めた。

「この次の2月で2年経つわけですね。昨年の2月に今の気持ちというのを発表しているわけですので、やはりその、何らかのことは発表する必要があると私は思っております」

眞子さまのご結婚の問題について記者からの質問を受け、秋篠宮殿下はこのように答えられたが、このご発言は報道各社による様々な憶測を呼んだ。

会見内容の発表直後には「事実上の破談宣告だ!」と報じるメディアもあれば、「このご発言の真意は、結婚に関して眞子さまの判断に委ねられた」と報じるメディアもあり、様々な情報が入り乱れた。

とはいえ、やはりアメリカ留学中の身であり、これまで一度も帰国しておらず、秋篠宮ご夫妻との連絡を一切取ってこなかった小室圭さんの結婚が来年2月に正式に決定することはほとんどあり得ないことから、現在では「破談」もしくは「結婚再延期」のどちらかの発表がなされるだろうと予想されている。

小室圭さん、年内に緊急帰国か

このような状況で、小室圭さんは、年内に留学先のNYから緊急帰国を行い秋篠宮ご夫妻への面会し、結婚再延期のための説得を行おうとしていると報道各社は報じている。

「次の2月は、結婚延期が宣言されてから、丁度2年目となり、結婚延期の約束期限でもあります。これまで、アメリカから一度も帰国せず勉学に励んできた小室圭さんですが、結婚延期の約束期限が迫っていることに大変な焦りを感じているようです(皇室ジャーナリスト)

また、資金面での問題もある。小室圭さんは、フォーダム大学入学時には、眞子さまの婚約者という肩書を前面に押し出してアピールすることで、大学の入学許可や特別奨学金の獲得を実現しており、また、同様に日本の法律事務所から生活費の支援も受けてきた。

しかし仮に2月に「破談宣告」がなされ、眞子さまとの婚約が正式に解消されてしまった場合、小室圭さんは、多額の借金を背負ったままに後ろ盾を失うこととなり、引き続き奨学金や法律事務所からの生活費の支援を期待することは難しくなる。

悲しいことに、すでに小室圭さんにとって眞子さまとのご結婚は愛情の問題だけでなく、小室圭さんのライフプランにおいて極めて実利的な問題となってしまっている。おそらくそのことは眞子さまも重々承知されているだろう。

小室圭さんにとって、2月に“破談宣告”を下されることは、多額の借金を抱えたまま、後ろ盾を失って異国の地に一人放り出されることを意味します。そのことは、当然本人も十分に承知しておりから、まさに“何が何でも”という覚悟で秋篠宮ご夫妻への説得を試みるのではないでしょうか」(前出の皇室ジャーナリスト)

秋篠宮殿下は「面会拒絶」

年内に帰国する可能性が高いとみられている小室圭さんだが、実は、すでに宮内庁を通じて秋篠宮殿下に面会の申し入れを行っているという。ある宮内庁関係者は次のように語る。

「実は、小室圭さんは、今回の会見以前に一度秋篠宮殿下との面会を要望する連絡を宮内庁に対して行っています。しかし、残念ながら、その時は殿下の側の都合で面会は実現しなかったようです」(宮内庁関係者)

この宮内庁関係者の話によると、なんと、秋篠宮殿下はすでに小室圭さんからの面会依頼を拒絶しているそうだ。そうだとしたら、それこそ、まさしく「破談宣告」に等しい意思表示ではないだろうか。

「確かに、そのような可能性もありますが確かなことは言えません。週刊誌等で報じられているように、現在秋篠宮殿下は強いストレスに晒される中で、体調が崩されることもあります。

面会を拒絶された正確な理由は分かりませんが、単純にスケジュール調整がつかなかったり、体調不良といった可能性もありますので、必ずしも、“小室圭さんと会いたくないから”という理由で面会をお断りになられたのかは分からないですね(同前)

ともあれ、仮に小室圭さんが日本に帰国したとしても、秋篠宮殿下との面会の実現は絶望的な状況のようだ。直接対面して「結婚延期」のための説得を行うことが出来なくなったことで、小室圭さんはますます厳しい状況に追い込まれている。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。