雅子さま

美智子さま、イジメ疑惑に涙 「私は雅子さんのことを思っています…」

文/編集部

美智子さま嘔吐

今月13日、宮内庁は、上皇后美智子さまが9月中旬以降、血液が混じった嘔吐を複数回したり、体重が減少されたりするなど体調不良が続いていると明らかにした。

詳しい原因は不明なものの、発症した時期から「上皇ご夫妻についての事実と異なる週刊誌報道にストレスを感じられ負担が掛かった可能性もある」とコメントしており、現在は、投薬治療をしながら経過観察を続けている。

「週刊誌報道にストレスを感じられたとの宮内庁からのコメントがありましたが、週刊誌では毎週、皇室関連の記事が掲載されており、当然上皇后である美智子さまに関する記事も多数掲載されておりますので、具体的にどのような記事が美智子さまのストレスとなったのか特定は困難です。

美智子さまは毎朝、新聞に目を通されており、その際に週刊誌の新聞広告をご覧になったり、気になった記事は取り寄せてお読みになることもありますので、現在では、側近の職員らが、“お体に障りますから、あまり報道等を気になさらなようにされては如何でしょうか?”とアドバイスすることもあります(皇室関係者)

「雅子さまいじめ」との批判が大きなストレスに

具体的にどのような記事が美智子さまにとってストレスの原因となったのか、特定は困難だが、ある週刊誌記事によると、美智子さまのストレスとなった大きな原因の一つは、「美智子さまが過去から現在に至るまで、雅子さまをイジメてきた」というネット上などで囁かれる噂であるという。

週刊誌などでは直接的に美智子さまを誹謗するような表現を避けることが一般的だ。一方インターネット上に掲載される皇室関連記事には、「雅子さまは上皇夫妻に25年間いじめられてきたの、本当に理不尽だったと思う」といったコメントが書き込まれることも多い。

リアルタイムに国民の声が書き込まれるため、その中に美智子さまに対して辛辣な批判を行うものも多く見られるという現状である。

「雅子さんのことを思って接しただけなのに」

事実、過去には、美智子さまが雅子さまに対して厳しい態度で接してこられることもあったようだ。しかし、それも将来皇后両陛下となられることが決まっていた皇太子妃であった雅子さまの教育係でもあった美智子さまにとってはやむを得ない事情があったようだ。先の皇室関係者は次のように語る。

「美智子さまは、平成の時代から、皇后陛下としての役割を立派にこなされることと同時に、次の時代に皇后陛下となられる雅子さまのご教育にも非常に熱心に取り組まれてこられました。

そのため、時に、雅子さまに対して厳しい態度で接することもございましたが、それも全て雅子さまを想ってのことだったのです。

最近では、美智子さまは、ネット上での“雅子さまイジメ”との批判を受けて、“私は雅子さんのことを思って接しただけなのに”と涙ながらに側近の職員らに語りかけることもありました(前出の皇室関係者)

どうやら、美智子さまが、雅子さまに厳しく接してこられた背景には、「しっかりと教育しなければいけない」という強い想いがあったようだ。

とはいえ、これまで、美智子さまが雅子さまに対して批判的なメディアの報道に対して何かクレームをつけて庇うようなことが一度もなかっただけに、残念ながら、多くの国民にこのような事情を理解し納得してもらうことは難しそうだ。


POSTED COMMENT

  1. 匿名より より:

    上皇后が友人、紀子達などとお茶会と称して令和天皇ご家族の、特に雅子皇后や愛子さんの悪口、週刊誌ネタであること、無い事、盛り上っていたそうですね。御所の中の人が言ってましたね。だから,紀子が増長した。東大、ハーバード大学という高学歴、何か国語もペラペラの雅子様に嫉妬して、上皇后、紀子が嫌がらせやら、侍女に行って靴を隠したそうですね
    moriagaって

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。