美智子さま

美智子さま、佳子さまに挨拶飛ばされご不満 「年長者を敬えないのですか」

文/編集部

佳子さま25歳のお誕生日

今月29日、秋篠宮ご夫妻の次女の佳子さまは25歳の誕生日を迎えられた。佳子さまはこの春国際基督教大学を卒業し、皇位継承に伴う一連の儀式に臨んだほか、さまざまな活動に取り組まれてきた。

「現在、世間から強い批判を受けている秋篠宮家ですが、いまだ佳子さまの人気だけは別格のようです。

今回25歳のお誕生日には、ブルーのコートをお召しになり写真撮影に臨まれましたが、ネット上では、“やはり佳子さまは美しい”と称賛の声が数多く上がり、Twitterでは“佳子さま”が急上昇ワードに選ばれるほど話題となりました(皇室ジャーナリスト)

お忍びで趣味のダンスレッスンを続けられていたという佳子さまだが、今年はダンスイベントに出演された際の写真が週刊誌やネットメディアで掲載されたことも話題となった。

美智子さまを後回しにされた佳子さま

ICU卒業後、ご公務にプライベートの活動にと、様々な活躍をされている佳子さま。しかし今回のお誕生日には、多くの関係者に懸念を抱かせる問題もあったという。秋篠宮家に近い関係にある皇室関係者は次のように語る。

「お誕生日当日、佳子さまは赤坂御所の天皇皇后両陛下に挨拶をされた後に、上皇ご夫妻の住まいの皇居・吹上仙洞御所も訪れました。

しかし上皇ご夫妻を後回しにされるという、この挨拶回りの順番に関して、美智子さまは“なぜ、年長者を敬えないのですか?”と大いに不満を漏らされたようです。

結局宮内庁の職員らが、“赤坂御所におられる天皇皇后両陛下の挨拶を先済ませた方が早いので…”と説明した上で謝罪を行い、なんとか、美智子さまのご不満を収めることが出来たようです(皇室関係者)

今回、なんとか美智子さまの不満を抑えることが出来たものの、今後も似たような問題が繰り返される可能性は高い。宮内庁は来年以降のご挨拶の順番に関しても頭を悩ませているという。

深刻化する二重権威問題

令和皇室の重大な問題の一つと考えられている二重権威の問題であるが、問題は解決するどころか、むしろ現在さらに深刻化しているというのが現実であるようだ。

来月2日には一般参賀が行われるが、すでに上皇ご夫妻も参加されることが決定しており、改元以降初めて、天皇皇后両陛下と上皇ご夫妻が共に公の場に立たれることとなる。

これまで二重権威の問題を懸念され、上皇ご夫妻は天皇皇后両陛下と共に公の場に立たれることはなかったが、報道によると、宮内庁からの強い要望を受けて来月の一般参賀への参加を決められたという。

今回の佳子さまのお誕生日のご挨拶では、宮内庁の職員らの説得により、なんとか事なきを得たものの、二重権威の問題が解決されない限りは、同様の問題は今後も繰り返される可能性が高い。


POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    美智子さまって秋篠宮家の姫たちからも嫌われているのか?まあ秋篠宮家は自分の利益のために人を利用することしか考えられないみたいだし、美智子さまはメンドクサイバアサマだし、どっちもどっちか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。