眞子さま

眞子さま「音響ボックス」にご関心 アメリカにゴーンで小室圭さんに「直談判」か

文/川田璃子

眞子さまと小室さん、2月に向けて話し合いを進める

眞子さまのご婚約延期期限が来月に迫っている。秋篠宮殿下は、昨年のお誕生日会見で「2月に何らかの事を発表する必要がある」とのお考えを示されたが、実際に秋篠宮ご夫妻が眞子さまや小室さんに何らかの働きかけをされているご様子はあるのだろうか。さる秋篠宮家関係者は語る。

「殿下は眞子さまや小室さんと話していないとおっしゃいましたが、何の働きかけもしていないわけではありません。ご夫妻が直接眞子さまとお言葉を交わすと、必ず口論に発展してしまうため、家庭内であってもメモ書きなどで意思疎通を図られているのです。実際、あの会見後には殿下が眞子さまに対し、『そろそろ小室くんの意思を確認したい』と綴られ、眞子さまも小室さんと2月の公表内容についてオンラインで話し合われているようです」(秋篠宮家関係者)

小室さんは当事者意識が希薄なまま

また、この関係者によれば、眞子さまは小室さんに2月頃の帰国を要請しているのだという。眞子さまとしては、お二人で揃って会見を開き、国民の理解を仰ぎたいとお考えなのかもしれない。

「この眞子さまと小室さんの話し合いが、どうにも上手くいっていないようなのです。眞子さまは小室さんに昨年と同じ轍を踏むようなことはしてほしくないと考えていらっしゃり、文書だけの公表ではまずいとお考えです。

しかし、当の小室さんは“勉強で忙しい”といった言い訳を使い、眞子さまのお考えに沿うつもりはないようです。小室さんの考えとしては『今年も文書を公表するだけで十分』との考えなようで、危機感の足りなさ、当事者意識の欠如に眞子さまも業を煮やしておられるご様子です」(同前・秋篠宮家関係者)

先日、某誌で「宮内庁が小室さんに年末の帰国を自粛するよう要請した」との内容が報じられたが、小室さんは宮内庁からの“警告”を破ってまで、眞子さまのお気持ちに沿うという気概はないのかもしれない。

眞子さま、極秘出国を画策か

そんな中、先日眞子さまの元に音響メーカーのカタログが届けられたそうだ。

「眞子さまにそういった趣味は無かったですし、これを念の為紀子さまにご報告いたしました。紀子さまは『まさか』といった表情をされ、眞子さまの手に渡る前にこれを処分をされました。音響メーカーからのカタログということで、カルロス・ゴーン氏の国外逃亡が紀子さまの脳裏に過ぎったのかもしれません。

1月中に眞子さまと佳子さまが関西方面に私的におでかけになるご予定もあり、問題となっている関空に立ち寄られる可能性もありますから、色々とご不安な思いだったのでしょう」(同前・秋篠宮家関係者)

眞子さまがどのような思いで音響カタログを取り寄せられたのかは不明だが、もし紀子さまの悪い予感が当たっていたのだとすれば、2月の延期期限を前にしても尚当事者としての意識がない小室さんにしびれを切らし、極秘ルートで“直談判”をされに行くおつもりだったのかもしれない。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。