愛子さま

眞子さま「シングルマザーでも構いません」 涙の宣言に、佳子さま絶句! 愛子さま交え「内親王会議」へ

文/川田璃子

運命の2月間もなく

2年間延期されてた結婚問題がいよいよ動き出す。

昨年11月、秋篠宮殿下はご自身の誕生日会見で、延期の期限となる2月までに、結婚の今後見通しについて何らかの発表するよう眞子さまを促した。はたして眞子さまはいかなる決断を下すのか?

小室問題を追い続けているさる皇室ジャーナリストは、次のように語ってくれた。

「秋篠宮殿下と紀子さまは、眞子さまの“自主性”を重んじるようです。会見のたびに殿下は、眞子さまと本件について会話がない旨を述べてきました。これは紀子さまも同じようです。ですが、この両殿下の言葉は、多くの国民にとって“責任放棄”と感じられているようです」(皇室ジャーナリスト)

秋篠宮殿下は「国民の祝福と理解」が得られない限り“納采の儀”(婚約決定)はできないと述べているが、眞子さまが「結婚」を決意された場合、どのような決断を下すのであろうか?

久々に姉妹喧嘩

このように秋篠宮ご夫妻は、消極的に結婚に反対という姿勢を崩していない。秋篠宮家への国民の評価には厳しいものがあるが、ご夫妻は雄弁なる沈黙をもってこれに対抗しようとしていているようにも見える。いずれにせよ2月に、眞子さまがお気持ちをはっきり表明することで、加速度的に事態は動き出すだろう。

このような「消極的反対」という立場の秋篠宮ご夫妻に対し、「積極的賛成」の立場を表明していたのは佳子さまだ。ICU卒業の折には、眞子さま個人の希望が叶うことを祈念する文書を発表した。だがその後、現状を打破しようとしない小室圭さんと、煮え切らない眞子さまの態度に嫌気がさしてきたようだ。関係者は語る。

「過日、眞子さまと佳子さまとの間で大喧嘩がありました。当初は結婚を応援してきた佳子さまですが、国民に説明責任を一向に果たそうとしない小室家の態度にお怒りのようでした。『姉さんからちゃんと小室家に“対応”を求めなよ!』と眞子さまをご叱正されたところ、眞子さまは『圭くんも佳代さんも悪くないの!元婚約者の●●●さんが有ること無いこと週刊誌に売り込んだだけなの…』と反論なされました。

この反論に、佳子さまは『“有ること無いこと”ってことは、実際に“有ったこと”も書かれていたんでしょ? ちゃんとそれを国民に説明しなきゃダメ!』と強い剣幕で迫りました。すると、さすがの正論に眞子さまも黙り込んでしまいました…」(秋篠宮家のオクに通じる関係者)

眞子さま「皇籍離脱」への想い

眞子さまと佳子さまの大喧嘩。自ら「導火線が短い」と告白され、「口喧嘩最強」と名高い佳子さまの迫力に、眞子さまはタジタジだったようだ。

お二人の喧嘩は、周囲の視線も気にせず3時間にもおよんだ。その終盤、次のようなやり取りがあり、佳子さまが絶句されたという。

「佳子さまが『小室圭さんは、国民にも父にも母にも説明責任を果たさずにアメリカに行ってしまうような人だよ? 本当に自分勝手!次は姉さんが捨てられる番だよ。捨てられたらどうするの?』と核心に迫る発言をぶつけました。

すると眞子さまは『たとえシングルマザーになっても構わない!』と見当はずれな回答を…。これにはさすがの佳子さまも絶句されてしまいました。どうも佳子さまの想いは眞子さまの固い決意には届かなかったようです。このままでは眞子さまは小室圭さんと…」(同前・秋篠宮家関係者)

こう語るやこの関係者は目頭を押さえ、さめざめと泣いた。眞子さまの近くに仕える身として、現状は辛いのだろう。だが、このような絶望的な状況にあって一筋の希望の光を見出していると最後に語ってくれた。

「ご両親と眞子さまの間には大きな断絶があり会話ができない状況です。佳子さまも近すぎる立場なので“忠言”を受け入れるのが難しい。ここは雅子さま、あるいは愛子さまにご登場いただくのが一番だと思います。

できることならば、愛子さま、眞子さま、佳子さまの三内親王で頂上会談を開き、眞子さまが冷静な判断を下せるよう説得いただきたいです。冷静沈着な愛子さまなら必ずや眞子さまを説得できるに違いありません」(同前・秋篠宮家関係者)

運命の2月が間もなく訪れる、それまでに何とか眞子さまを説得したいというのは、宮内庁共通の願いのようだ。

[kanren postid=”https://kourozen.com/archives/1204″]


POSTED COMMENT

  1. Ikari より:

    狂った眞子!
    圭親子共ども追放!

  2. 蜘蛛の糸 より:

    眞子さんと敬宮愛子内親王殿下とは歳も離れていて身位も違います!眞子さんの事は秋篠宮家で解決して敬宮愛子内親王殿下を巻き込まないで欲しい!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。