秋篠宮家

秋篠宮家のブータン旅行は「まるでコスプレ撮影会」と専門家が苦言 「表敬訪問はファッションショーではない」

服装に批判の声高まる

秋篠宮家のブータン旅行が思わぬところで批判を浴びている。

今月19日にブータン国王ご夫妻を表敬訪問し秋篠宮ご一家だが、その際、悠仁さまは「羽織袴」をお召しになっていた。これが「羽織袴は武家のもの、皇族は普通お召しにならない」「皇室の伝統を破った」などとネット上で批判を集めている。

確かにこの見解は正しい。皇室の正装のなかに「羽織袴」はない。よって、男性皇族の方々が公務で羽織袴をお召しになることはない。準公務的な場でもこれは同じだ。園遊会などでは、たとえ女性皇族が着物をお召しになって、男性皇族は基本的に洋装だ。

よって悠仁さまの羽織袴すがたは、どことなく違和感を覚える。それは間違いない。しかし批判を受けるほどのマナー違反だったのであろうか? 少なくとも現地での歓迎は熱烈だ。

専門家の見解

今回の悠仁さまの羽織袴について、皇室文化に詳しいジャーナリストに話を伺った。

「今回のブータン旅行はプライベートなものなので、服装のルールは定められておらず、いかなる服装をお召しになってもマナー違反にはなりません。相手側が民族衣装の正装だったので、日本側も民族衣装でという配慮からこうなったのでしょう。

これまでも皇族の方々が、羽織袴をお召しになってプライベートな場にお出ましなったことは何度もあります。まして悠仁さまは成年皇族ではありませんから、気にするほどのものではありません」(皇室ジャーナリスト)

たしかに、いずれもプライベートの場において今上陛下や上皇陛下が袴羽織をお召しになっている写真がわずかながらある。

ブータン旅行はプライベートか?

このように皇族の方々が袴羽織をお召しになることはある。そして今回のブータン旅行は、公務ではなくプライベートな旅行である。よって、悠仁さまがどのような服装でも問題ないように思える。

しかし次のような問題点を指摘する。今回の私的旅行は、

「私的旅行ということになってはいますが、国王ご夫妻への表敬訪問は公務的意味合いが大変強いものです。よって今回の表敬訪問がプライベートだったとは言い難い面があります。また、たとえマナー違反でないにしても、ブータン側が喜べば何を着てもよいというわけでもありません。表敬訪問はコスプレ撮影会ではないのですから。

マナーというのは受け取り手がどう思うかが重要で、ルールブックの文面に従うか否かが問題なのではありません。少なくとも日本国内でこれだけ批判の声が上がっている以上、今回の羽織袴が“物議を呼ぶ不適切なもので、避けるべきだった”ことは事実です。無難に御父上とあわせて洋装でよかったような気がします」(同前)

悠仁さまの今回の羽織袴をどのように評価するかは、「マナーとは何か」という難しい問題が横たわっているようだ。また別の皇室ジャーナリストは次のように今回のブータン旅行に苦言を呈している

「今回の表敬訪問に関する報道は、内容ではなく服装ばかりが先行しているように思えます。表敬訪問はファッションショーではないのですから、もうすこし威厳を持っていただきたいと思いました…」(別の皇室ジャーナリスト)

国内では物議を呼んでいるが、ブータン国内では悠仁さまの羽織袴姿はとても評判がよく、熱烈な歓迎を受けていることも事実だ。少なくとも「親善」という目的は、見事に果たしていると評価できるだろう。

(編集部)


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。