秋篠宮殿下

雅子さまに批判殺到! 国際親善は「大国優先」か? 立皇嗣の礼を前に過激化するマスコミ

文/編集部

雅子さまの1年となった2019年

上皇陛下の生前退位に伴い、代替わりが行われ令和の新時代を迎えた2019年。代替わり前には「皇太子ご夫妻は大丈夫なのか?」「偉大な天皇皇后両陛下の代わりが本当に務まるのか?」などといった不安も囁かれた。

しかし、実際には「代わりが務まらない」どころか、新たに即位された天皇陛下と皇后陛下となられた雅子さまは大変なご活躍をされ、特にその気品に満ちたお姿や所作、そして通訳を介さず海外の要人との面会を次々とこなす語学力、コミュニケーション能力は国内外のメディアから大変な称賛を受けた。

また、ご病気に伴う体調面の不安の声もきかれたものの、様々な公務や新天皇の即位に伴う関連儀式などもほとんど完璧にこなされ、まさにその「V字回復」ぶりを国民に見せられた。

非常に多くの国民からの尊敬と注目を集めた2019年は、まさに「雅子さまの1年」であったと言っても決して過言ではないだろう。

代替わり後のメディアの変化

精神科医・斎藤環氏は、あるウェブメディア上での対談にて、雅子さまのご回復の背景にメディアの論調の変化があると指摘している。

平成の時代とは打って変わり、代替わりに伴いマスコミによる雅子さまへのバッシングは収まっていった。それと前後するかのように秋篠宮家、特に紀子さまへのバッシングが強まることとなったが、期せずして紀子さまは雅子さまをメディアの攻撃から守る盾の役割を果たされたと言って良いかもしれない。

とはいえ、今後ふたたびマスコミが雅子さまバッシングを行う可能性は十分にありそうだ。そして、すでにそのような兆候も表れつつある。

「代替わりが行われた直後は、即位関連儀式やトランプ大統領夫妻など海外の要人との面会を精力的にこなされたことが評価され、まさに雅子さまフィーバーとでも呼ぶべき熱狂的な国民からの支持を背景に、メディアによる雅子さまバッシングは影を潜めました。

とはいえ、熱狂的な支持の高まりが落ち着きをみせつつある現在、ふたたび一部週刊誌やネットのメディアでは雅子さまを批判する内容の記事も書かれ出しているようです(皇室ジャーナリスト)

現在、週刊誌やネットメディアが行う雅子さまバッシングの代表的なものは、「雅子さまは公務や国際親善の内容を選り好みされている」というものだ。

例えば、雅子さまがこれまで避けられてきたとして繰り返し批判されている仕事して、「勤労奉仕団への会釈」がある。また、春にイギリスへ公式訪問されることが決定した後には、「雅子さまの国際親善は大国優先主義だ」との批判するメディアも出てきている。

雅子さまバッシングは悪質な言いがかりレベル

しかし、このような批判はあまりにもレベルが低く、ほとんど言いがかりといっても良いものだ。雅子さまの体調は現在においても万全ではなくありとあらゆる仕事や公務を100%完璧にこなされることは現実的に不可能であり、ある程度はその内容を選別せざるをえない。

また、先にも紹介した斎藤環氏は別のネット記事でのインタビューにて、勤労奉仕団や奉仕団への会釈に関して、終戦直後から始まった皇室における後付けの人工的な「伝統」であるとして、その平成の時代の仕事を全て踏襲される必要はない、と喝破している。

そして、雅子さまの国際親善が「大国優先」であるという批判は、それ以上に筋違いなもので、そもそも招待国を必要とし政治的にも重要な意味を持っている天皇皇后両陛下の海外訪問の訪問先を雅子さまの一存で決められるわけがない。

仮に、代替わり後に天皇皇后両陛下がこれまで行ってきた国際親善の相手国が大国ばかりであったとしても、その責任を皇后陛下のみに負わせ、雅子さまが大国ばかりを重視され、小国を見下しているかのように書きたてるのは卑怯千万というほかない。

国民がメディアを監視する心構えを

ここで具体名を挙げることはしないが、現在の一部のメディアによる雅子さまバッシング記事の多くは、これまで美智子さまや秋篠宮殿下を熱心に応援し続けてきたライターやジャーナリストが書いたものがほとんどである。

もちろん、美智子さまや秋篠宮ご夫妻が子飼いのジャーナリストに雅子さまを批判するよう指示をされたということではないであろうが、それでもそういった美智子さまや秋篠宮ご夫妻に恩義を覚える一部のジャーナリストが、そのお気持ちを過剰に忖度した結果として先のような雅子さまバッシング記事を書いてしまったという可能性は否定できない。

このように考えるなら、秋篠宮殿下の行う立皇嗣の礼を前にして、突如として雅子さまを批判する論調の記事が増えだしたことも偶然とは言えないだろう。

しかし、繰り返しになるが、これらの雅子さまバッシング記事は、そのほとんどレベルの低い言いがかりのような内容である。

もちろん、このような記事の影響力は微々たるものであり、現在非常に多くの国民が天皇皇后両陛下を尊敬しているという状況に変化はない。

だが仮に、今後このような記事が急激に数を増すことがあれば、世論から一定の支持を得てしまう可能性はある。そのような事態を許し、平成の時代のように天皇皇后両陛下を貶め、その名誉を傷つけるようなことはあってはならない。

そのような事態を避けるためにも、このような雅子さまを不当に中傷するような内容に記事に対しては、常に監視の目を光らせ声を上げていくという国民としての心構えも必要となるかもしれない。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。