美智子さま

美智子さま「自力で解決なさい」に、眞子さま「お前こそ、とっとと引っ越せ!」の罵倒 小室圭さん「ニヤリ」

風雲急を告げる小室問題

眞子さまと小室圭さんの“納采の儀”が延期されて2年が経つ。とうとうこの2月は当初発表されていた延期の期限となるのだが、宮内庁から発表は何もない。関係者も「先行きの不透明さ」を嘆く。

「2月に何か発表されるのか、宮内庁も把握していません。今のところ白紙状態です。秋篠宮殿下は、今後の見通しについて何らかの発表をするように眞子さまを促したのですが…」(宮内庁関係者)

また問題に詳しいジャーナリストは、今後の予想を次のように語る。

「眞子さまの想いはいまだ冷めていません。『本当なら今すぐにでも…』と考えているのでしょうが、2月は今上陛下の誕生日、4月には父・秋篠宮殿下の”立皇嗣の礼”と慶事が続きます。眞子さまもこれら慶事に泥をかぶせたくないのでしょう。おそらく皇籍離脱・結婚強行を発表するタイミングをうかがっているのだと思います」(皇室ジャーナリスト)

四面楚歌の眞子さま

小室圭さんの母・佳代さんの金銭トラブルが明らかとなって以来、お二人の結婚を前向きに祝福しようという声は少ない。小室母子が金銭トラブル解決に真摯に取り組んでいるのならまだしも、不誠実な対応を取り続け、いまだ交渉すら始められていない状況だ。

「小室母子の不誠実さには驚かされます。互いの不信感が強いため、代理人間での話し合いすら始まっていません。小室さん側の消息筋によれば『支払われた400万円が贈与か借金かで揉めている。小室佳代さんは贈与で押し切る構えだが、その場合には贈与税の未払いという問題を抱える。そのため贈与税の“時効”を迎えてから交渉したい』とのことです。時効は2020年3月から順次迎えていきますので、そろそろ交渉が始まるかもしれません」(小室問題の研究者)

しかし、このような先延ばしの不誠実な言動を続けた後に「解決」したとしても、国民の支持が得られるはずもない。秋篠宮ご夫妻も問題解決が一向に進んでいないことに、小室家への不信感を強めており、とうとう佳子さまも眞子さまを見限ったという。

「現在、眞子さまはご自宅で四面楚歌という状況です。悠仁さまは、佳子さまと同伴公務をされているのに、眞子さまとはありません。これまではお味方だった佳子さまも、とうとう眞子さまを見限られたようで…。こういった事態が眞子さまの心に重くのしかかっているようです。

自室に籠られる時間は日増しに長くなっています。この頃は、二階の廊下に椅子を置き、放心状態で座られながら、外を眺め、一人涙されています。最初は庭を眺めているのかと思ったのですが、視線の向きは東側、つまりニューヨークの方角です。恋焦がれる小室圭さんを夢想され、涙を流されていたようです」(秋篠宮家関係者)

このような四面楚歌が深まれば深まるほど、眞子さまは小室圭さんにハマり。小室家としては「ニヤリ」の状況だろう。

美智子さまに相談も…

自宅内では四面楚歌で孤立する眞子さま、今や相談する相手は雅子さまや美智子さまだという。

「眞子さまは両親は信用できないと思われているようで、小室さんの問題について一切相談していません。いみじくも秋篠宮殿下が誕生日会見で『話し合いをしていない』と告白された通りです。

そのため眞子さまは他の皇族方、具体的には雅子さまと美智子さまに相談したいと考えているようです。ですが、雅子さまは皇后という重い立場であり、今上陛下がご裁可を下したわけでもありません。ですから雅子さまに相談しても、結婚を後押ししてくれることはないと眞子さまは判断されたようです。現在は、美智子さまに本件を積極的に相談され、結婚を後押ししてくれるようにお願いしているようです(同前・秋篠宮家関係者)

はたして美智子さまは、眞子さまの相談に何と答えられたのであろうか? 仙洞御所の消息筋は現場を次のように語る。

「眞子さまは二週間に一度ほどの頻度で、仙洞御所においでになり、美智子さまの新作ファッションショーをご覧になっていました。『そのお帽子素敵です!私も欲しいです!』としきりに美智子さまをお褒めになり、歓心を買おうとされていたのが印象的でした。

なかなか結婚問題について相談する機会がなかったのですが、過日、勇気を出して『眞子と圭くんの結婚を応援して欲しいです。もう一度、ご裁可を出して欲しいです』とお願いされました。ですが美智子さまは『む、む、無理です。眞子は自力で解決なさい!』と非情な返答をなさいました。

期待していた返答を得られなかった眞子さまは、表情を豹変され『な、なによ!お前こそ、とっとと引越せ!』と大声で…。なんとか上皇職が割って入り、その場をなだめ、事無きを得ましたが…。とうとう眞子さまと美智子さまの仲まで険悪になってしまったようです」(仙洞御所関係者)

思い通りにコトが運ばなかった時に、つい思いもしないこと口走ってしまうことはよくある。眞子さまも冷静になられれば美智子さまに暴言を吐くことはなかったろう。にしもて、皇室内全ての人間関係を破壊していく小室問題。はたして2月に進展はあるのだろうか?

菊ノ紋ニュースは、https://kikunomon.com/に移転いたします。

皇室ニュース「こうろぜん」
小室圭さん母上、贅沢な「バカンス」で英気を養い、金銭トラブル解決へ!(解決し…
https://kourozen.com/archives/1373
文/編集部(2019.8) 雲隠れ中の小室親子 秋篠宮家への批判がネット上の書き込みなどで増えている。平成か


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。